5月15日付け本HPにて既報の、J-LODのメタデータ整備支援事業の件、レーベル及び原盤事業者の方々向けにIMCJの“J-LOD取りまとめ申請事業”説明会を下記の概要で開催します。是非この機会に、海外配信業務への補助金の活用をご検討ください。

*************************

日本の楽曲を海外の音楽配信プラットフォーム(DSP)で展開するために必要なメタデータの翻訳業務、DSP納品のためのファイル変換等の業務が、経産省の平成30年度J-LOD事業の支援対象となりました。これによって、下記の業務が補助金の支給対象となります。

① メタデータの他言語(英語、中国語等)への翻訳業務に係る費用
② 海外DSPへの納品に関わるファイル変換等、デリバリー事業者が行う業務に係る費用

IMCJは、本補助金事業の“取りまとめ申請事業者”として、レーベルおよび原盤事業者の補助金申請実務を全面的にサポートいたします。

つきましては、下記の要領で「J-LOD取りまとめ申請事業説明会」を開催致しますので、是非ご参加いただき、海外配信業務への補助金の活用をご検討頂ければと思います。

日  時: 2019年6月27日(木)
17:00〜18:00pm(受付16:45〜)
会  場: アットビジネスセンター渋谷東口駅前 402号室
https://abc-kaigishitsu.com/shibuya/access3.html
定  員: 60名
参 加 費:  無料
申込方法: 以下宛に、会社名、参加者名、部署名をご連絡ください。
mail: j-lod@imcj.or.jp / fax: 03-3359-2344
申込締切日: 2019年6月24日(月)
*お申込多数の場合、先着順とさせて頂きますのでご了承ください。
*お申込みは一社2名様迄にてご調整頂けましたら幸いです。

* 本取りまとめ申請事業への応募申し込み締め切りは、8月中旬頃を予定しております。
* 本メタデータ支援の補助金は本年度事業限りとなっております。
* 本取りまとめ申請事業への応募は、IMCJ会員/非会員を問いません。